体外受精 採卵周期

Progam and Procedure

 

日本から当院にお越し頂き、治療を行って頂くには、体力的にも金銭的にも負担になります。

当院では出来るだけ患者様の負担を少なくするため、一部の検査を日本で行って頂き、当院にご報告頂く方法で

来院回数を最小限にしております。詳しくは下記をご参照願います。

 

奥様  愛群来院   奥様、旦那様 愛群来院 

  日本にて検査と経過観察    愛群にて検査と経過観察 

 

 

*上記治療内容には個人差がございます。またMC2日目か3日の目の検査は状況により

日本でも可能です。

 

 診察の際は下記の書類をご持参ください。

          (1) ご夫婦のパスポート 

          (2) ご夫婦のマイナンバーカード、若しくは運転免許証 

          (3) ご夫婦である事を証明できる物(戸籍謄本、結婚証明書など)  

          (4) あれば過去の治療歴や検査結果等

   (5) 6か月以内に受けた感染症検査の結果(HIVと梅毒は必須、当院でも検査可能です)

 

 

 血液検査 (下記は一般的な検査日です。検査を行って頂くタイミングには個人差がございます)

         D2 か D3: FSH、LH、E2、P4 

         D8~10 : LH、E2、P4

         D10  :LH、E2、P4


 超音波検査 (検査を行って頂くタイミングには個人差がございます)。

         内膜の厚さ (mm)

         左右の卵胞の個数と大きさ (mm)


 日本で血液検査、超音波検査を行って頂き、検査結果を当院にEmailでお送りください。(日本語可)

    E-mail ivf@ihmed.com.tw  

         検査結果を確認後、担当医師の指示をメールにてお知らせいたします。

 


 排卵促進の為の注射 


 採卵手術(採卵手術を行う日には個人差がございます)。

         精子の採取


 当院よりEmailにて胚の状況をお知らせいたします。 


 当院よりEmailにて胚の状況をお知らせいたします。  


 当院よりEmailにて胚の状況をお知らせいたします。